富里ゴルフクラブ 競技規則



1. 競技に関する一切の事項は競技委員会(以下委員会と略称)に於いてこれを決定する。
2. 競技参加者は当クラブ正・平日会員に限る。但し委員会が参加を承認した競技についてはこの限りではない。
3. 当クラブ競技はJGA・ハンディキャップにて参加することを原則とする。但し、クラブ内ハンディキャップでも参加を認める。この場合は、JGA・ハンディキャップより小さいこととする。
4. アンダーハンディキャップ競技に参加するプレーヤーのハンディキャップは、その競技の各ラウンドが行われる月の初めのハンディキャップとする。但し、複数月にまたがって行われるアンダーハンディ競技には、その競技の当初のハンディキャップを適用する。
5. ハンディキャップを取得していない者については、第9項の競技を除き、申告により参加を認める。但し1〜3位の入賞資格はない。
6. ハンディキャップを保有する会員が、アンダーハンディキャップ競技に参加するときは、当該競技日を含む過去6カ月以内の当クラブ、或いは他クラブ(JGAコースレートがあること)の正しくアテストされたスコアカード2枚以上を、競技開始前までに提出しなければならない。これを怠った場合には、競技に参加することは出来るが、1〜3位の入賞並びに予選通過の資格はない。
7. 月例杯において、ハンディキャップ12までの者をゴールドクラス、13〜19までの者をブルークラス、20以上の者をホワイトクラスとする。但し、満65歳以上の男子とすべての女子は、特例としてブルークラス、ホワイトクラスに参加することができる。(運用については、競技日程表内“月例出場資格HDCP区分”による)
8. 参加者が次の定数に満たない場合の競技、原則として不成立とする。
(定数)平日杯8名、フレンドリーカップ6名、その他の競技16名。
但し、参加者が定数に満たない場合においても、委員会の決定により成立させることができる。
9. 6大競技の競技の方法、参加資格及び予選通過人数は次の通りとする。
6大競技 競技方法 参加資格
()は女子
予選通過
◎クラブ選手権 予選 S S・P
本選 S M・P
HDCP18(11)迄 16名
◎シニア選手権 予選 S S・P
本選 S M・P
満55歳以上(注)
HDCP24(18)迄
8名
◎理事長杯 予選 UH S・P
本選 UH M・P
HDCP24(18)迄
25(19)以上は
24(18)で出場可
16名
◎キャプテン杯 予選 UH S・P
本選 UH M・P
16名
◎富里クラブ杯 予選 UH S・P
本選 UH M・P
HDCP36迄
37-40は36で
出場可
8名
◎金田メモリアルカップ 予選 UH S・P
本選 UH M・P
HDCP36迄
37-40は36で
出場可
8名
S:スクラッチ UH:アンダーハンディ S・P:ストロークプレー M・P:マッチプレー
(注)本年中に満55歳に達するものを含む。
10. 競技参加申し込み方法と競技参加費は次の通りとする。
(申込方法)
・第9項記載競技---競技日1ヶ月前から現地受付、2週間前締切
・月例杯---現地受付、1週間前締切 但し、競技日当日空き枠ある場合は先着順で当日参加可
・その他の競技---競技日2ヶ月前から現地および本社受付、当日参加可
(競技参加費)
富里クラブ杯を除く第9項記載の競技---3,000円+消費税
その他の競技(富里クラブ杯を含む)--2,000円+消費税
11. ◎印競技参加申し込み後、競技日の1週間前迄に取り消しの申し出がない場合は、競技参加料を徴収する。
12. ◎印競技のスタート時刻と組合せは委員会が決定し、各参加者に通知する。この組合せにおいて欠場者のある場合変更することもある。
13. ◎印以外の競技のスタート時間と組合せは原則として申し込み順とする。但し、当日参加の場合は、原則としてクラブに8時までの申し込みとし、申し込んだ順序によりスタート時間と組合せを行う。
14. プレーヤーが自己のスタート時刻後5分以内に、プレー出来る状態でスタート地点に到着したときは、遅刻の罰を競技失格とはせずに、マッチプレーでは第1ホールの負け、ストロークプレーでは第1ホールで2打付加してスタートすることが出来る。又ある期間にわたるマッチプレーにおいては委員会が承認すればプレーヤー間の合意によりスタート日時を変更することが出来る。 マーカーはスタートホールにおける次打者とし、最終打者のマーカーは最初の打者とする。
15. 当クラブの競技で成績がタイとなった場合は、次の方法で勝者を決定する。

A.マッチプレー
いずれかのサイドが1ホール勝つまでプレーオフを行う。プレーオフはそのマッチを始めた同じホールから始め、ハンディキャップも前と同じである。

B. ストロークプレー
イ. アンダーハンディによるマッチプレー競技の予選で選抜人数を超えてタイとなった場合はマッチングカード方式とする。
ロ. アンダーハンディキャップのストロークプレーにおいては年長者をもって優位とし、同年月日のときはローハンディの順とし、同ハンディの場合は抽選とする。
ハ. スクラッチ競技においてはサドンデスとする。日時、ホールは当番委員が決定する。
16. マッチプレーにおける双方のハンディキャップの差は100%とする。
「アゲンスト・パー」「ポイント・ターニー」の場合は各自のハンディキャップは100%とする。
(端数四捨五入)
17. コース途中でマッチプレー競技者に追いつかれた場合は直ちにパスさせなければならない。
競技参加者のキャディには黄色のスカーフを使用せしめることにより表示する。
18. 競技に使用するティーマーカーはコンペティションマーカーとする。
19. 委員会は必要に応じ臨時ローカル・ルールを制定する。詳細はその都度クラブハウス内に掲示する。
20. 入賞者が表彰式に参加出来ない場合、入賞資格を失うものとする。
21. 本規則において疑義が生じたときは、委員会の裁定を求めなければならない。この場合委員会の裁定は最終である。
22. 競技の編成は毎年1月1日より12月31日迄とする。
23. 競技日程のうち、フレンドリーカップは準クラブ競技とし入賞資格については「競技規則5、6」とは別途取り扱うものとする。
24. 競技は特別の指示のない限り日本ゴルフ協会(JGA)規定の一般規則及びクラブのローカル・ルールスに依り行う。
25. 委員会は止むを得ない事情と認めた場合には、本規則の条件を変更することが出来る。
以 上


ローカルルール



1. コースの境界は白杭にて標示する。
2. 修理地は青杭と白線にて標示する。
3. コース内の池はすべてラテラル・ウォーター・ハザードとし、その限界は赤杭ないし、赤線で標示する。
4. 9番・16番及び18番ホールにおいて、球がラテラル・ウォーター・ハザードに入った場合は、1罰打付加し指定ドロップエリアより打つ事ができる。
5. 1番ホールにおいて、グリーン奥のネットにボールが接するか、スタンスや意図するスイングの区域の妨げになる場合、罰無しに2箇所設けてあるドロップエリアの近い方からプレーすることができる。
6. 共有の電磁カートは局外者として扱う。
7. 電磁カートの軌道は全幅をもって動かせない障害物とする。
8. 舗装道路及び排水溝は動かせない障害物とする。
9. 舗装道路に接する排水溝や防球ネットは、その道路と一体の動かせない障害物とする。
10. ラウンド中、ホールアウトを終えたグリーン及びその周辺での練習を禁止する。
11. 上記以外は全てJGAゴルフ規則による。